転職にありがちな失敗を避ける

働く女性が自分のキャリアアップを実現する方法といえば転職。さらに転職には、今の職業を変更しないで新しい会社に転職する方法と、職業を変更して転職するという二つの方法が存在します。転職をすることで、自分の新しい活躍の場を探したり、新天地に挑戦するのは大切なことですが、転職をする場合にありがちな失敗についてはよく理解して、自分がそのようなことにならないように気を付けることも大事かもしれません。職業自体を変更して転職する場合にありがちな失敗のパターンとしては、根拠のない自信や単なる夢を追いかける感覚で新しい職種を選んでしまうことです。職種を変更するということは、それまでに自分が積み上げたキャリアをほとんど活かさず新しいことに挑戦することになるのが一般的です。しかし、新しい職場ではキャリアゼロというハンディを背負ってスタートすることになるという現実を知っておく必要があります。また、転職あるあるのもう一つのパターンとしては、根拠のない自信に基づいて行動し、失敗してしまうというものもあるかもしれません。仮に同じ職種に転職する場合には、それまでのキャリアが活かせるという、いわば奢りが心の中に生まれることもあるでしょう。ただ、転職先では、言ってみれば新入社員と似たような面もあるわけですから、素直に教えを乞う姿勢も必要なはずです。根拠のない自信が傲慢な態度に繋がり、転職先で受け入れてもらえないということにならないよう気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です