女性とこれから先の未来

政府主導のもと、女性が光り輝く社会の実現などという言葉が大きくクローズアップされてきています。このことについては、純粋に期待感を込めての部分がある一方において、昨今の日本における危機的状況への対応という意味合いが込められている点も忘れてはいけない部分といえるでしょう。今般、高齢化社会の波が容赦なく押し寄せてきており、その流れを受けるかたちで、生産労働人口の減少が顕在化してきています。この問題については、もはや、国レベルでの対応が必要になってきており、根本的な解決に向けた取り組みが待たれています。そんな中において、職業人としての女性にスポットライトが浴びせられているといえるでしょう。一般的には、学校卒業と同時に一般企業や自治体などに就職し、結婚や妊娠、出産などを機に退職してしまうというケースが多いのが今までの女性のあり方でした。しかしながら、このようなことが、結果として、優秀な人材を失ってしまうことになるという指摘が多く出るようになってきたのです。このことについては、パートナーである男性や社会の理解が必要になることは、いうまでもない事実です。男性の積極的な育児や家事などへの協力が求められています。むろん、男性の育児休暇の積極的取得などへの企業の理解も必要不可欠なものになります。いってみれば、社会全体で取り組むべきことといえるでしょう。次世代を担う人が、安心して暮らせる社会の実現が求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です